貧しさよりも残酷なこと

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

【貧しさよりも残酷なこと】

 
これは現実にあった話です。しかも、私のすぐそばで
 
ある男性がいました。
 
彼は28歳。専門職として月給28万円程度で仕事をしています
 
姉が一人いますが、彼女は結婚し親元を離れています。
 
彼は両親と暮らしています。父親は59歳、母親は49歳。
 
父親は糖尿病を患っています。そして、その症状は悪化し、彼が30歳の時、61歳の父親は片足が壊死し切断しました。
 
そのころから父親の言動がおかしくなりました。
 
父親が63歳の時、認知症と診断されました。
 

彼は毎日母親と交代で父親の介護をしなくてはなりません。

幸か不幸か、介護度がそう高くないので、頻繁に介護サービスを利用できません。

 
付き合っていた彼女から別れを切り出されたのは、それからしばらくしてからです。
 
曰く、結婚を考えられなくなった、と。
 
※ ※ ※ ※ ※
 
貧しさの中にいること
 
これそのものが残酷なのではありません。
 
その貧しさが希望を奪うこと
 

これこそが、最も残酷なことなのです。

そして希望の光は、絶望の深さを知らずして灯ることは決してありません

残酷な現実の中にこそ、届けるべき希望の光があるのです。

※ ※ ※

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!

スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション

【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら

【ヒプノセラピーセッション】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

 
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

Instagram