自分を愛せない相談者をどうサポートする?【人気占い師のための心理スキル】

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです



さて…久しぶりの更新になりました

今日より、少しずつですが更新を再開したいと思います。

今回のテーマは、「自分を愛せないクライエントのサポート」について考えてみたいと思います。

自己肯定間や自己愛が非常に低いクライエントは珍しくありませんよね。

「自分に自信が持てないんです」
「自分を好きになれないんです」

このように訴えるクライエントは大勢おられます。

しかし、そうしたクライエントに「自信を持て」「もっと自分を好きになれ」といっても、響くはずがありませんよね。

「ありのままの自分を受け入れる」という言葉は、一見すると非常に美しく、また真理を突いていると思います。

しかし、そのありのままの自分が苦痛で仕方がなかったら?

では、どのようにしたら自分を受け入れ、そして愛することができるようになるのでしょうか?

すごく単純に言うと…

私たちは、「よく知らない」ものを愛することはむつかしい

という事実があります。

よく知らない人を好きになる、という現象はちょくちょくあることです

しかし一般的には稀ですよね。

また、稀であっても、その人の持つ印象に好意を抱く、という「きっかけ」があるわけです。

このように、自己に向けられた理解が一面的、また印象が悪い、という場合、愛情を抱くことは困難です。

じゃあ、逆に考えたら?

よく私が使うテクニックとして…

「私が知っているあなたはこうですよ」

というお話をすることです。

つまり、クライエントが持つセルフイメージと異なるセルフイメージを丁寧に説明するのです。

私たち占い師は、クライエントの性格を判断することはスキルとして持っていますよね?

そうしたスキルを通してクライエントを肯定し受け止める。

こうすることで、クライエント自身が肯定的なセルフイメージを回復できるようになっていきます。

もちろん、最初は抵抗を示されますし、その提示したイメージが定着するためには、別のアプローチも必要です。

しかし、最初の一歩は…

「具体性ある、望ましいセルフイメージの提示」

にあるんですね。

ぜひ、鑑定の現場で活用してみてください

ではでは!

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

Instagram