悪いのは「あなた」?それとも「私」?

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

今日の神戸は非常に良い天気です

こういう日は運動をして汗を流して…としたいですね。

ということで、この記事を書いたら体を動かしてきます(^^ゞ

さて、今日お話しすることは、数年前の私の状態について。

皆さんは、次のような話を聞いたことがありませんか?

「クライエントを癒す前に、まず自分から」

「自分をケアできずに、なぜ人をケアできるのか」

…私は、この言葉がずっと疑問でした。

そして、それに明確に答えてくれた経験はいまだにありません。

なぜ、疑問なのか。

それは、技術があれば単純にサービスの提供ができるからです。

例えば、いくら医者が不摂生をしていても、医者としての業務はできますよね?

心理療法を使っている人が、自分の内面の問題と無縁なのでしょうか?

そうした疑問をずっと持っていたのですが、数年前、ある気づきがありました。

数年前のこと。

当時の私は朝から晩まで、あることをずっと考えていました。

それは…

どうやったら、相談者の問題を解決できるのだろうか?

相談者の「どうしたらいいですか?」という問いに答えるのが私の仕事です。

だから、アドバイスの精度は非常に関心のあるところでした。

だから、いろんな本を読んで、いろんな人の話を聞いて…

そうしているうちに、どんどんと精神的な余裕が失われていきました。

完全に私は疲れていました。

その時です。

ある日、ふとこんな考えが頭をよぎりました。

「私が考えているのは、誰の人生?」

「問題が解決できないのは、相談者?それとも私?」

言葉にしたら、少し難しくなるのですが…

占い師やヒーラーの置かれている状態と、持ち込まれる相談内容は、実は裏表の関係だったりします。

私たちが鑑定で「あなたは…」というとき、実はそれは「私は…」だったりもするのです。

だから、主語を「あなた」から「私」に置き換えてみると、意外な事実に直面します。

それは、表面上の問題ではなく、その問題を作っている深層の部分が、自分自身の問題と同じだったりするのです。

だから、「あなた」の問題が解決できないとき、それは「私」の問題が解決されていない、ともいえるのです。

そうか…私なのか…

そう考えると、気持ちが楽になりました。

なぜなら、人を変えることはできませんが、自分を変えることならできるからです。

そして、自分のことに手を付けることを始めました。

すると、相談者の状況も動き出したのです。
(具体的なケースは後日お話ししますね!)

もしも、相談者の状況で動かしがたい、と思えることがあるならば、まず自分のことに手を付けてみてください。

本当に身近なところからで大丈夫です。

あなたが大きく育てば、相談者だって育っていくのです。

では!

【関連記事】
自分の理想と向き合う~占い師になるには?~
占い師のメンタルケアの必要性
相談者の過去を認める大切さ

人気ブログランキング

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

ブログランキング
最新情報をチェックしよう!

Instagram