クライアントが執着を手放すために出来る事

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

では、早速始めましょう

クライアントの中には、今の願望を持ち続けるか否かで悩む方もおられます。

例えば不倫や復縁で、どうしても長期化してしまい、疲れてしまった、という場合ですね。

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラーにとって、こうした状況はまたとないチャンスです。

というのは、クライアントが不毛な努力から解放されて、新しい道へと進んでいけるかもしれないからです。

ただ、ここで焦ってクライアントを説得する、というのは、アプローチとしては下の下策です。

というのは、人は説得をされると瞬時に、その説得に対する反論を考えてしまう傾向があるからです。

つまり、「もうやめるべき」と説得すると、クライアントは「続けるべき」理由を反射的に探してしまうですね。

大切なのは、その葛藤をコントロールしない、という姿勢。

無条件にクライアントを受容する姿勢です。

その姿勢を前提として、クライアントの不利益を1つずつ検討していきます。

「このまま進んでいけば、どんな不利益があるか、検討しませんか?」

というように、続けていく不利益を検討しながら、相手を「嫌いになる」材料を探していくと、割とスムーズに進みます。

しかし、クライアントは不利益ゆえに相手を嫌う、という事はなかなかできません。

自分にとって不利益と分かっていながらも、それでも好きだから付き合いたいと思うのが、恋愛の心理です。

だから、次にこのような提案をしてみます。

「相手を無理に嫌う必要はありません。

ただ、関心を相手に向けない、という事はできますよね」

つまり、嫌いになる材料を集めてから、相手への無関心へとクライアントを誘導するのです。

あとは、クライアントが無関心でいることのできる対処法を探すだけです。

彼の事を想いだしそうになったらストレッチをする、みたいな感じで、「相手が好き」という思考を運動的なもので打ち消していくんですね。

そうすると、次第に相手に対して無関心になっていきます。

クライアントが別の道を進むには、大なり小なり「無関心」という感覚が必要です。

ぜひ、その感覚がつかめるようにアシストしてくださいね。

ではでは~

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!

Instagram