自分の恋愛感情に鈍感であった方が良い理由

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

では、早速始めましょう。


恋愛が上手く行かない人ほど、恋愛にのめり込むスピードが速いんですね。

知り合ってすぐに、相手の気持ちが気になって、日常生活のすべてが片思い一色に染まってしまう…

こうした、直情的なクライアントは少なくありません。

しかし、こうした状況は恋愛にとってはマイナスです。

なぜ、これが悪いのかというと、問題が数点あります

(1)相手に「恋愛感情を持っています」というのが見事に伝わってしまう

相手に好意を寄せたら、相手も好意を寄せるというのは、心理学ではよく言われています。

しかし、これは相当に限定された話で、一般に今まで何とも思っていなかった相手がいきなり恋愛モードに突入すると、正直「やりにくい」という印象を抱いてしまいます

(2)円滑なコミュニケーションが出来なくなる

恋愛感情に敏感な人は、どうしても行動の全てを相手の軸に合わせて行動しようとします。

つまり、自分がどうしたいか、ではなく、相手がどう思うか?という事が全てになってしまうんですね。

でも、相手はそこまでの気遣いは求めていませんし、そもそも円滑なコミュニケーションが成立しない関係に相手が振り向くのは稀です

また、適切なコミュニケーションが取れないので、恋愛の初期段階で相手に嫌われてしまう…というケースも珍しくありません。

(3)中途半端な関係に至ってしまう可能性が高くなる

遊ばれて中途半端な関係になるか、というケースの被害者(?)は、ほとんどの方が恋愛に敏感な方ばかりです。

そして、その敏感さゆえに、相手に嫌われることを警戒します。

同時に、相手の歓心を買う事に腐心するようになります。

その結果、相手に都合の良い人になってしまうんですね

このように、恋愛感情を人質に取られて、相手の言いなりになってしまう、というパターンに陥る危険性が高いんですね

もし、クライアントがそうした傾向を持っている場合、私達はその恋愛感情を「単なる興味」程度に薄める事が大切になってきます。

つまり、クライアントにある程度のブレーキをかけて、その恋愛にのめり込み過ぎないようにする必要があるんですね。

「まずは『興味の対象』くらいに考えて、相手の事をよく観察するようにしましょう」

こうしたアプローチが、恋愛成就の確率を高め、クライアントがいい加減に扱われることを防ぎます。

ぜひ、試してくださいね

ではでは~

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

最新情報をチェックしよう!

Instagram