占いの的中率を左右する要素とは?

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、先日から東京にてテレビの収録と「ハートフル」さんとの打ち合わせがありました

その辺のお話は、また後日として…

さて、今日のテーマは

「占い師の的中率を左右する要素」

と題して、占い師の精神状態について考えてみたいと思います

※ ※ ※

占い師の仕事を長い間やっていると、どうしても惰性の部分が出てきます。

この惰性が出てしまう大きな要因の一つとして「占い疲れ」があります

例えば、週に2日だけ占いをするのと、週5日ガッツリと占いをするのとでは、疲労度は違いますよね?

本人が意識していなくても、疲労は確実に蓄積されていきます。

その時、かならず出てくるのが

「その占い師が持っているマイナスのクセ」

というものです。

しかし、このマイナスのクセと言うものは、実はその占い師の長所の裏返しです。

例えば、私の場合は相談者を占うとき、理論的かつ心理療法的なアプローチを行います。

これは私の特色なのですが、疲労がたまりマイナスに転じると

①理屈っぽい

②占いから外れて純然たる心理療法を行うようになる

という問題が生じます。

こうなると、もうそれは占いではありませんよね?

こうした問題は誰にでも発生しうるものです。

そして、占い師が持つマイナスの要素が強くなると

「軸がどんどんとずれていく」

という現象が発生します。

この軸がずれると、相談者からすれば

「延々と占い師の持論を聞かされている」

「結局、いま私たちは何の話をしているの?」

という感情を持つに至ります。

※ ※ ※

占い師の仕事は一種の相談職です。

相談職である以上、私たちが扱うのは相談者の心です。

この相談者の心に適切に向かい合える状態を保つのも、占い師の仕事です。

そして、そのために必要なことは

「占い師自身が自分のメンタルの問題と向き合う」

ということです。

なぜなら、

「ネガティブな精神状態」は

「ネガティブな占いの結果」の原因となるからです。

では、次回の更新は占い師のメンタルケアについて考えてみましょう。

※ ※ ※

先日、収録があったスタジオ。


実は、テレビ撮影は何度も経験していますが、どうしても慣れません。

結局、ガチガチになっている私をタレントさんにフォローしてもらうというパターンに。

今回もスタジオ入り直前まで

「なんで、こんな話を引き受けたんだろう?」

という後悔の念でいっぱいでした。

まぁ、あと1か月間はテレビの仕事がないので、気は楽ですが・・・

[関連記事]


相談者への「棘」を取る
自分を愛するという事
売れる占い師の5つの条件

人気ブログランキング

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

ブログランキング
最新情報をチェックしよう!

Instagram