相談者の「本当の悩み」

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、今日は相談者の「深層心理」について、お話します。

…といっても、決してむつかしいものではないので、ご安心を。

私たちが悩みを抱えている時、ある心理が働きます。

その心理とは…

私たちは本当に困っていることは隠ぺいしたがる

というものです。

つまり、これを相談者に置き換えると

本当に困っていることを明かしたくない!

となります。

例えば、相談者から

「彼との関係はどうなりますか?」

という相談を受けた後、占ってその結果を相談者に伝えます。

すると、それからしばらくして、相談者がこう言います

「実は、私は不倫をしているのです」

また、ここまで大きなものではなくても、相談者の言っている内容が、どうもしっくりと来ない、という経験をされた方も多いのではないでしょうか?

相談者の相談内容には、実は本人も意識しない「隠れた意図」があります。

つまり、ある相談内容があるとします。

その相談内容は確かに相談者を苦しめるものです。

しかし一方で、その相談内容となる問題があることによって、相談者は辛うじて「今の自分自身」を保っている、という面もあります。

この場合、相談内容となる問題に対して解決のアプローチを作っても、実は問題は解決されません。

そこで、占い師が持つべき一つの視点があります。

それは・・・

なぜ、その問題は存在しなければならないのだろう?

というものです。

例えば、次のような恋愛問題があったとします。

「彼に『重たい』と言われて別れそうになっています」

この場合、危機に瀕している恋愛関係の修復を考えるのは当然です。

そして、相談者に「重たくならないようにしようね」というアドバイスも有効なのでしょう。

しかし、その相談者は「彼に対して重たくならざるを得ない」理由があるのです。

それが、この相談者が本当に困っていることになります。

ここに視点を置くことで、占いはとても深い内容になっていきます。

では!

【関連記事】
人気占い師になるための「聞き方」スキル【人気占い師実力養成講座】
占い師のメッセージの発し方【人気占い師実力養成講座】
占い師の「御用聞き」現象について

人気ブログランキング

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

ブログランキング
最新情報をチェックしよう!

Instagram