「できない病」を治す方法【人気占い師のセラピー技】

皆さん、こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日はクライエントのマインドを開放するセラピーについてお伝えします。

クライエント…だけでなく私たちも、ですが、多少なりとも「できない病」にかかっています。

これは、「私には●●はできない」と、自分自身にリミットを設けてしまうことです。

「私は良い仕事に就けない」

「私は彼の前で自然にふるまえない」

「私は彼と付き合えない」

「私はダイエットができない」

「私は夢がかなえられない」

…などなど。

そして、それには必ず根拠があります。

「私は良い仕事に就けない。なぜなら、今まで仕事をしていて、いつもトラブルがあったから」

「私は彼の前で自然にふるまえない。なぜなら、彼の前に出ると、いつも緊張するから」

「私は彼と付き合えない。なぜなら、彼は私はタイプではないから」

「私はダイエットができない。なぜなら、今まで失敗しているから」

「私は夢がかなえられない。なぜなら、みんなが『無理』と言うから」

それは思い込み、というのは、実はカンタンです。

そして、確かに思い込みです。

過去、そうであったから未来がそうだとは限りません。

誰かが言ったから、実際にそうだとは限りません。

でも、思い込みには強力な根拠があります。

なぜなら、少なくとも過去は実際にそうだったのです。

だから、記憶の中の自分は「できない自分」なのです。

記憶は潜在意識の中にあります。

そして、潜在意識と顕在意識がケンカをした場合、100%顕在意識が負けます。

だから、「思い込みアプローチ」は意外と効果は出にくいのです。

では、どうすれば良いのか?

先ほど、「リミット」という言葉を使いました。

ここに着目して欲しいのです。

過去そうだったからと言って、なぜリミットが発生するのでしょうか?

それは「自分を守るため」です。

つまり、これ以上失敗経験を繰り返して、自分を傷つけないようにするためにリミットを作るのです。

「できない病」=「自分を守るため」

出来たら、自分を守れなくなってしまいます。

だから、リミットを設けるのです。

ここまでくれば、マインドを開放するアプローチはいくつかあります。

その中の1つとして、次のような問いかけをします。

「もしも、いまそのチャンスが来たら、困ることはありませんか?」

このとき、色々と困ることが浮かんでくるはずです。

その困ることを開放すると、できない病はきちんと完治します。

例えば…

「彼の前に出ると緊張します」

「じゃあ、緊張しなくなったら困ることはありませんか?」

「…素の自分を出して嫌われるんじゃないかと心配です」

治すべきは「できない病」ではなく、「自信のなさ」に変わりましたよね?

ぜひ、試してみてください。

では今日はこの辺で!

追記

東京出張から帰ってきたら、うちのムスメが箱に入っていました(^.^)

 

 

■ミスカトニックのミッションについて

 

【関連記事】
スピリチュアルビジネスでの専門性【人気占い師になるための思考法】
問題との「距離感」を図ることの大切さ【人気占い師の問題解決術】
相談者の過去を認める大切さ

新しいタブでプレビュー

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

よつば
最新情報をチェックしよう!

Instagram