過去は重要ですか?

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、今日のテーマはヒーリングやセラピー、そしてカウンセリングにおいて、クライエントの過去とどう向き合うか、という事についてお話しします。

クライエントと私たちとの接点は、クライエントの現在だけではありません。

クライエントが今まで背負ってきたもの、そしてこれからの未来とも向き合っています。

特にフォーカスされるのが、「クライエントの過去」です。

それは、例えば幼少期の経験であったり、親子関係だったり、あるいは交友関係も含まれますよね。

クライエントの信念や思考のクセは、大部分が子供時代に経験したものが反映されています。

だから、クライエントの過去はとても大切なテーマです。

しかし一方で、今の問題から過去へ逃げてしまうクライエントもたくさんいます。

例えば、今の失敗を過去の経験のせいだと考えるというのが、その典型ですよね。

以前、あるクライエントがいました。

そのクライエントは子供のころ、イジメにあっていました。

そして現在、クライエントは人間関係で問題を抱えていました。

「私は子供のころ、イジメにあっていました。

だから、どうしても今の人間関係には敏感になってしまうんです」

確かに、よくわかります。

過去のレンズから今を見るのは、当たり前のことです。

でも、私はこう考えます。

問題は今の人間関係なのでしょうか?

それとも、過去の経験に縛られ続けているクライエントなのでしょうか?

私は、過去の経験からクライエントが解放されることを考えます。

なぜなら、それがクライエントからエネルギーを奪っている元凶だからです。

原因は過去にある。

それはよくわかります。

でも、その原因がクライエントにあるのであれば、逆に救いです。

なぜなら、私たちは過去を変えることはできません。

でも、今を選ぶことはできます。

少し厳しい言い方ですが…

いかにして、クライエントを過去に逃がさないか

これが大切になる場合もたくさんあります。

でも、それはクライエントにとってはとても大変な作業です。

だから、私たちのような存在が必要とされるのです。

では、今日はこの辺で!

今日はレセプトをしていました。

「さすがに電車に乗って帰るのは大変だなぁ~」と思い、妻に迎えに来て、と。
(^_^;)

という事で、帰りの車の中で、このブログを書いています。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

ミスカトニック
最新情報をチェックしよう!

Instagram