考えるべきは原因ではない【占いセラピー・カウンセリングのヒケツ】

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、今日のテーマは…

「スピリチュアリストはクライエントの問題をどう考えるか」

についてお伝えします。

恋愛や人間関係、お金のこと…

クライエントは様々な問題を抱えて私たちのところへ来ます。

そして、その解決方法を一緒になって考えるのですが、実はここに落とし穴があります。

それは…

「原因→結果」という因果律で考えてしまう。

という事です。

例えば、「カバンが壊れた」としますよね。

その時、誰しもが原因を考えます。

「なぜ壊れたのか」と。

確かに、原因を考えるのは大切です。

そこに課題があるのだから当然でしょう。

でも、もっと大切なことがありますよね。

それは、「そこから何を学べるのか?」という点です。

「原因→結果」という因果律で考えると、単なる対策で終わってしまいます。

例えば、カバンの扱い方が乱暴だったならば…

「もう少し丁寧に扱おう」

でも、これで終わってしまいます。

だから「原因→結果」で考えても限界があるのです。

それよりも大切なのは「そこにある意味」です。

「そこにある意味」を考えることで、初めて「学べるもの」が見えてきます。

例えば先の例であれば、出てくるのは単に乱暴に扱っていた、と言うことよりも、もう少し視野が広がりますよね。

「私の行動全体に粗暴さがないだろうか?」

「果たして、カバンだけが壊れそうなのだろうか?」

「いまカバンが壊れることによって、私はどう変われるだろうか?」

たくさん見えてくるものが増えます。

そしてもう1つ大切な点。

それは…

「原因→結果」の考え方と問題解決は別

という事です。

例えば彼女にフラれたときに、時間にルーズだから、と言われたとします。

でも、本当にそれだけですか?

因果律で考えると、「じゃあ、時間を守ればいいのか?」という話になります。

しかし、そのルーズさは単なる象徴にすぎません。

だから、そのルーズさから意味を考える必要があるのです。

クライエントが訪れて問題解決を考えるとき、「原因→結果」も大切です。

でも、それ以上に「そこにある意味」を一緒に考えてみてください。

では!

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

  

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

にほんブログ村

手
最新情報をチェックしよう!

Instagram