電話占い師が持つ「前提」とは【電話占い師・鑑定士のための心理スキル】

クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです


さて、いまワタクシはとあるクリニックの一室を占領して、収支計算をぱちぱちやっています。

今日は徹夜かなぁ~

イヤだなぁ~

で、仕事に飽きたのでセミナーの情報を少々(笑)

電話占いでの占い師側の問題というのは、情報がかなり制限されてしまう、ということです。

これは相手の情報が十分得られない、というだけではなく…

「相手のパーソナリティに勝手な憶測が生まれてしまう」

というものがあります。

私たちが持っているクライエントの手掛かりは、(1)相談内容、(2)コミュニケーションスキル、(3)声の印象、という3つに限定されています。

そして、クライエントの多くは、これら3つの要素は非常にネガティブです。

その結果…

(1)非常にネガティブな相談内容で

(2)落ち込んでいる分だけコミュニケーションも的を得ず

(3)声の印象も暗くて悪い

というところでクライエントの印象が決まってしまいます。

そうなると、占い師側のクライエントへのイメージも決定的にネガティブなものに傾いてしまい、その結果として…

「クライエントのスキルや可能性をディスカウントしてしまう」

という問題が生じるのです。

一般的に電話占いに慣れてくると、占いの内容が判で押したようにネガティブでワンパターンなものになってしまいがちになります。

確かに、クライエントの相談内容には一定のパターンがありますから、占いの結果もパターン化していきます。

しかし、クライエントの状況は様々であり、また持っているスキルも人それぞれです。

ここを見落としてしまうと、あっという間に電話占いの質は低下していきます。

だから、私たち電話占い師が肝に銘じなければならないのは…

「実は、私たちはクライエントのことは、何一つわかっていないし、知っていない」

ということです。

「知らない、分からない」を前提にすると「知ろう、分かろう」という動機が生まれますよね。

この動機がある限り、クライエントへの理解は促進されます。

しかし、この動機がなくなると、クライエントへの無理解に基づいた占いという、考えうる限り最悪のセッションが生まれてしまいます。

で、そうしたノウハウを公開するセミナーを開催します

詳細は、こちらをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://www.miskatonic-online.com/

では、そろそろ仕事に戻ります(笑)。

※ ※ ※

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!


スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション


【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら


【ヒプノセラピーセッション】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。


【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

資料
最新情報をチェックしよう!

Instagram