クライアントの自己肯定感を高める方法はカンタンでして

皆さん、こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

さて、さっそく始めましょう!

 

まぁ、私たちの所には、ずいぶんと自信をなくしてらっしゃる方が来られるわけですよ

で、相当にネガティブループに入ってしまっています

そうしたクライアントは元々自己肯定感が低いのですが、さらにそれが低くなってしまってますよね

では、どうやったら自己肯定感を回復できるのでしょうか?

実はこれ、超カンタンなんです

今回はその方法をお伝えしますね!

自己肯定感を高めるポイント

自己肯定感を高めるポイントは2通りあります

しかし、最終的な手順は同じです

だから、便宜上「ルート1」「ルート2」としましょうか

・自己肯定感の上げ方(ルート1)

(1)自己肯定感が下がっているポイントを探す

→彼が振り向いてくれない、彼女に振られた等々

(2)その相手との関係でクライアントが役立った・意味があったポイントを示す

・自己肯定感の上げ方(ルート2)

(1)クライアントが役立っている・存在意義を発揮している場所を探す

→職場や家庭での役割等々

(2)先の(1)が自己肯定感が下がっているポイントに役立つことを示す

(1)も(2)も、「あなたは役立っているよ!存在価値があるよ!」ということを示すという点で共通して言います

そもそも、自己肯定感が低いという状態を端的に言うと、「私、いなくてもいいんじゃないの?」という状態なんです

だから、「いやいや、あなたは大切な存在なんです!」ということを伝えるということなんですね

でも、単にそれを伝えても響かないですよね

だから、ある種の「証拠」を示すんです

それが、先のルート1・ルート2なんですね

占い師・カウンセラーさんへ

自己肯定感の育み方は、「浅いところから深いところへ」というのがコツです

社会的・家庭的に役立っているというのは、表面的なものにすぎません

最終的には、クライアントの存在そのものをありのまま自分で受け入れ、認めて尊重するというところが必要です

しかし、自己肯定感が低い状態でそこを求めるのは無理があります

だから、浅いところ、分かりやすいところから始めるのが効果的です

そしてもう1つ

稀に「クライアントの『ホメどころ』が分からない」という声を頂くのですが、これは私たち占い師・カウンセラー側の姿勢の問題です

つまり、「このクライアントは役立っている・存在に意味がある」という前提に立てば、自然と肯定する場所は見えてきます

私たちは幸いなことに占いを使えます

占いは、クライアントを認め肯定するという意味ではかなり有用なツールです

このツールをガンガンに使い倒してください(笑)

ではでは~

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

占いカウンセラー,スピリチュアルカウンセラー
最新情報をチェックしよう!

Instagram